キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 コンプライアンス担当が考察する求人情報

コンプライアンス担当の求人とは

最近になって、「コンプライアンス部門の求人業務担当者」の求人をよく見かけるようになりました。

求人内容をみると、法的な業務や社内教育などを担当するようですが、なぜ数年前まで耳慣れなかった「コンプライアンス経営」や「コンプライアンス重視」といった言葉が最近よく聞かれるようになったのでしょうか。

また、企業がコンプライアンス業務を専門に担当する部門を設けて、そのための求人をするようになった背景にはどのようなものがあるのでしょうか。

英語のコンプライアンス(compliance)は「法令遵守」と訳されます。

このことから、「コンプライアンス経営」が「法律を守った企業活動」と誤解されることが多いようですが、その真意は単に法律を守るだけでなく、社会的な良識やルールに従い、従業員の人権の尊重や社会貢献も視野に入れた、質の高い企業活動をしていこうというものです。

これは、より質の高い企業活動をしていくことが、結果的には社会から信頼を得て、企業価値を高める、という考え方に基づいています。

コンプライアンスを重視した企業運営は、日本国内だけでなく、欧米を中心とした世界の大企業が次々に取り入れています。

コンプライアンス部門の求人はまだ新しく、今後も増えていくと予想されています。

記事RANKING

MENU


Copyright (C) www.boutiquedoudounecanadagoose.com. All Rights Reserved.