キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 コンプライアンス担当者の求人条件 : コンプライアンス担当が考察する求人情報

コンプライアンス担当者の求人条件

コンプライアンス業務への求人の条件として、ほとんどの企業が、同業でのコンプライアンス業務の実務経験を必須としています。

コンプライアンス部門の求人では、企業活動に関係する一般的知識に加え、雇用法など一般的な法律への理解、また企業の業種に関わる専門的な法律に詳しい人材を希望しています。

例えば食品を取り扱う企業であれば食品衛生法、医薬品を扱う企業であれば薬事法などです。

求人条件に必ずしも法律に関係した資格が必要というわけではありませんが、法律に詳しい人材を優遇するという求人広告が多いのは事実です。

理想的なコンプライアンス体制を整えるには、従業員ひとりひとりの理解を得ることも必要です。

そのためコンプライアンスの業務の担当者は、各従業員に現状把握のためのアンケートを取ったり、問題が起こった場合に面談したりといったコミュニケーションを中心とした業務も多いため、コミュニケーション能力の高さに加え、物事を公平かつ客観的にとらえる力が期待されます。

また、コンプライアンス業務には、マニュニュアル作成のようなデスクワークから、社員研修、外部のコンサルタントや専門家との連携など種類が多いため、様々な業務を幅広くこなす人材が望まれます。

記事RANKING

MENU


Copyright (C) www.boutiquedoudounecanadagoose.com. All Rights Reserved.